« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月24日 (日)

イブの夜

ミッキー宅でガールズクリスマスパーティーをしました。

メンバーはミッキーと、花音ちゃんと、島ちゃんと、薫子の4人です。

「外で食べたら1万円コース」と銘打ってミッキーと二人でシェフになりました。

誰かのために腕を振るうことも、誰かが作ってくれたものを食べることもとても久々でそれがすごく楽しくて、ガールズトークも弾んで本当に有意義な一時でした。

しかし、彼氏が初めてできて以来、心のよりどころのないクリスマスは初めてで、イブイブの23日は先日書いたカルチャーショックも重なりとてもブルーでした。。。

今までのクリスマスは街がとてもきれいで、幸せそうなカップルがいっぱいいて、なんだか街全体が暖かく自然とうれしい気持ちになっていたんです。

前日はブルーだったけど、イブはガールズパティーを楽しもうと思い望みました。

実際本当に楽しくて、お料理も私が作ったものに対して美味しいと言って喜んで食べてくれてとってもうれしかったです。

いつも自宅のキッチンで薫子のために作って食べて、それはそれでとても楽しいんだけど、作ったものを美味しいと言って食べてくれることの幸せを再確認しました。

そう考えると、また心の穴がずきずきと痛み、切なさと寂しさでいっぱいになりました。

クリスマスに心のよりどころが無いことに対し、自分がこれだけ孤独な気持ちになると思ってもみなかった。。。

こんなときは彼に連絡したくなりますが、、、ここはぐっと我慢せねば!と思っています。。。

| | コメント (0)

2006年12月23日 (土)

カルチャーショック

インド人の家でクリスマスパーティーをしました。

メンバーは女の子がミッキーと初登場の島ちゃんと薫子、男の子が日本人1人とホストであるインド人の計5人です。

このメンバーでホームパーティーをするのは2度目で、前回は日本人の男性がホストだったんですが、今回は文化的ギャップにちょっと戸惑いました。

この会はもともとインド人の男性がカレーを作ってくれるということから始まった話がクリスマスパーティーということになったものです。

薫子は日本語しかできないから、彼の言った言葉が分からないことも多いのですが、本当にジョークが多すぎるんです。

日本人の場合何かを説明するとき趣旨を正しく説明して、相手が理解したのを分かった上でジョークを言うじゃない?

けど彼はジョークで始まりジョークで終わる。

だから真意をつかめずみんな戸惑ってしまいました。

彼のようなのをスマートというのかどうかわからないんだけど、豆などカレーに必要なものはちゃんと下ごしらえをしてあったようなのに、冷凍のカチコチ鶏肉を取り出してこれをこれから調理すると言うし、キッチンには何かができている様子がまったくないし、事あるごとに「Let's cook.Can I help you?」と言っているにもかかわらずはぐらかし、部屋を飾りつけようと言って料理をし始める様子もなく・・・

私たちには何一つ準備ができてないと思うわけですよ。そのとき時間は既にPM10:00だったのよ。

金曜の夜の仕事帰りの集合でおなかペコペコだし、私たち的には泊まる気はない。。。直ぐにお料理が出てくるとは到底思えないし時間も時間なので、ピザのデリバリーをお願いすることにしてしまいました。

彼はピザなんて頼んだら料理が余ってしまうと言って顔を曇らせたのですが、この状況から早く脱したい私達はお料理ができるまで軽く食べようと説得して、半ば強引に注文してしまいました。

ピザが来てとりあえず食べ始めたら彼はキッチンに行ってしまい、数分後、魔法のように前菜やカレーがよそわれて出てくるんです。

なんだ、作ってあったんじゃない!!みたいな。。。

しかもデザートも用意してあったのに、お腹がすきすぎてLサイズのピザを頼んでしまった私たちは食べてあげることができませんでした。

料理がほぼ出来ていたのに私たちにジョークばかり言っていたのは、彼の私たちに対するおもてなしだったのだとそのとき初めて知りました。

彼の気持ちを傷つけてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

今回は本当に勉強になりました。

| | コメント (0)

2006年12月22日 (金)

神楽坂で初体験

Photo_3 「美味しいものを定期的に食べよう!」ということで先日の「マノワール・ディノ」に続き、また 紀子ちゃんとデートしました。

向かったのは最近できたという神楽坂の「今彩」。

ここは和食フレンチというちょっと珍しいカテゴリーのお店です。

前菜は大きめのお重に配された数種類の小鉢の中にかわいらしく盛られていて、一つ一つ丁寧に説明してくださいます。

食材にとてもこだわっていらっしゃるようで、最後に出てきた小さな器のリゾットは一粒として同じ穀物が無いのではと思うほどでしたし、葉物と根菜のサラダには30種類もの食材が使ってあるそうです。

和食フレンチと言うだけあって、初めての味がたくさんでした。

出汁巻きたまごならぬコンソメ巻きたまごとか、鶏がらスープで煮込んだ蕪、漬物とマヨネーズをベースに作ったソースや八兆味噌とマーマレードを合わせたソースなど、どれも一工夫されていて、それがとても美味しい。

これはなんだろうと五感を働かせながら頂きました。

器もセンス良く盛り付けもきれいで、お店の雰囲気もとても良いのでお勧めです。

| | コメント (0)

2006年12月21日 (木)

プラダを着た悪魔

見に行きました!!感動して泣いてしまいました。

全く泣くような映画ではないと思っていたのですが。。。

実際、周りは誰も泣いていませんでした。

仕事は求められていることをするのは当たり前。

それ以上のことを先見の目を持って行動し、努力すれば必ず誰かが見ていてくれているもの。

それが、ボスである悪魔であったとき、悪魔は絶対的な味方になり、やってきた努力が報われるんですよね。

それにあの彼氏。ジャーナリストになりたいという彼女をじっと待っていたじゃないですか。

だから彼女もがんばれたし、”悪魔にはなりたくないジャーナリストになりたい”と思ったとき素直に彼と仲直りをすることができた。

あの彼については賛否両論あると思いますが、私は素敵な彼だと思います。

薫子の場合、悪魔になってみようか・・・と思った方なので、彼とすれ違いが生じ、お別れすることになったんです。

感想を書いているだけで泣きそうになってきたので今日はこの辺で。

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

ヒトリゴト

最近、街がめっちゃきれいじゃないですかぁ。

テンション上がりますよねー♪

が、失恋して一ヶ月。

合コンにも行きましたし、そこで知り合った方の家にみんなで行ってホームパーティーもしました。

そんな感じで、なんだかんだ予定をぎっしりつめて乗り切ってきましたが、やっぱりふとした瞬間にぽっかりと空いた心の穴に気づき、切なくなってしまいます。

ミッキーや花音ちゃんは、男性に誘われたらどうしても嫌じゃない限り、誘いに乗ってデートして自分を磨くことも大切だと言うけれど、薫子はそんなにたくさん誘われるわけでもなく、たとえ誘われたにしても、器用じゃないから遠慮してしまって楽しめないんです。

お友達なら楽しんで飲めるんですけど、就職してから知り合った方って、なんか一歩引いてしまうというか、薫子的にはお友達になりきれないんですよねぇ。

だから私の中で恋愛対象外の方と親しくしすぎるのも相手に失礼かなぁ、と思う。

案の定そんな感じでは満たされるわけも無く、表面上だけの付き合いになり、直ぐに連絡をとらなくなってしまう。

だとすると、合コンが時間とお金の無駄使いに感じてしまいます。

けど、仕事してるし、出会いはないし。。。

このままだと結婚どころか彼氏もできず、「負け犬」にまっしぐらです。

「艶女(アデージョ)」までいっちゃうかも。。。

ヤバイ! 確実にヤバイ!!どうにかせねば!!!

「負け犬」も「艶女(アデージョ)」も1人で生きていくだけの財力と覚悟が必要でしょ?

そんな覚悟まだできてないし、結婚して子供も欲しいという夢も捨て切れてない。。。

ふぅ、クリスマスは幸せそうなカップルと綺麗なイルミネーションをみて、癒されてこようと思います。

| | コメント (0)

2006年12月14日 (木)

女子バナ

先日とても気の合う、自称美女3人組(言わせておいてください・・・)が久々に顔を合わせ、食事をしました。

1人は以前出てきた、ミッキー。彼女は、お世辞ではなく女の私が街ですれ違っても振り返ってしまうほどの美人で、誰に対しても気遣いのできる文武両道の才色兼備な女性です。

もう1人は花音ちゃんといって笑顔がかわいく、やわらかい雰囲気の持ち主ですが、突っ込みどころははずさないバニラエッセンスのような女性です。

紹介はそれくらいにして、つまんないことで盛り上がったんです。

皆さんは500mlのペットボトルで何かを飲むとき、キャップどうしますか?

私と花音ちゃんは、キャップを空け右手に持ち、飲んでその後また直ぐにキャップを締める派。

それに対し、ミッキーは一度あけたら飲みきるまでキャップはせず、ペットボトルの隣りに置いとく派。

(両方ともその日のうちに飲みきってしまうということは一致してるんです。次の日まで残ったものは捨ててしまいます。)

私と花音ちゃん的には、途中で何かの拍子に倒れてしまっても嫌ですし、なんといっても口をつけている部分がキャップをしないことで、なんだか埃等で汚くなってしまうような気がするんです。

それに対しミッキーは、いちいちキャップをするのは面倒な上に、口をつける部分があらわになることに関しては普通のコップや缶で飲むこととなんら変わりはない。それにそうそう倒れない。飲むためにキャップをはずしたのだから飲み終わる、若しくは捨ててしまう時に初めてキャップを締めると言うんです。

そう言われてみると、うん。それも分かる。

けどペットボトルの場合、蓋をすることで中身の品質が保持されていて美味しく飲めるような気がしません?

そんなやり取りでかなり盛り上がった末、2対1だったためミッキーが「私ずぼらなのかしら・・・」と一歩引いて話は終わりました。

ずぼらともちょっと違う気がしますが、一般的にどっちが多いんでしょうねぇ。

ちょっと気にして周りを観察してみようと思います。

| | コメント (0)

2006年12月11日 (月)

豆水とうふ

Photo_7 ずっと行きたい行きたいと思っていたお店のひとつである「芝 とうふ屋 うかい」で同級会をしました。

東京のど真ん中にこんな素敵なところがあったのか!!!

東京タワーのお膝元に広がる2,000坪の広大の敷地には、ずっと昔からそこにたっていたかのような老木の樹海が広がり、山形から移築してきたという趣のある建物がデンッっと横たわっています。

”あぁ、私もこんなところで両親とではなく、友人とお食事できるようになったのかぁ”

とよく分からない満足感を覚えるほどすばらしい立地、すばらしい景色、すばらしい建築物でした。けど、単価はそんなに高くないですよ。比較的手ごろ。

3ヶ月以上前から予約しただけあって、2階の一番奥の角部屋が用意されていて絶景の中、懐石とお酒をいただきました。

お豆腐の懐石にしてはすべてが関東人好みのしっかりした味付けで、お酒が進みます。出汁の味付けになれている私には、正直ちょっと濃すぎると感じるものもありましたが、あげ田楽はとてもおいしかったです。

今度は両親を連れて行こうと思っています。

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

ザ・東京観光

Bus 知人に頂いたSKYバスのチケットで 東京観光を満喫してきました。
1時間程度ですが、屋根なしの青空バスに乗って皇居の周りをバスでグルッと一回り。
屋根がないので信号機や標識が近くて新鮮だったし、 紅葉がとてもきれいで、かなりよかったのです(≧∇≦)/

搭乗員のお姉さんが言うには、この2階建てバスは普通の2階建てバスよりも座る位置が高いらしいです。しきりに3.8mと言われてましたが、それはバス全体の高さで、2階のフロアー高さではないのではないかとちょっと思いましたが(∩_∩;)

それはともかく、先日日ハムの優勝のとき2台のスカイバスが北海道に行き、新庄もこのバスに乗られたとか。。。

ツアーはといいますと、東京駅前の三菱ビルのまえを出発して皇居を周り、国会議事堂や東京タワーもチラッと見つつ、銀座を経由して三菱ビルに戻ります。普段は歩いてお買い物をしている銀座、有楽町界隈も一段高い位置で見学しちょっと新鮮でした。

そうそう、銀座インズ1の傍の宝くじ売り場が、えっらいことになってましたよ!なんでもそこの宝くじ売り場はジャンボの高額等選者が多発してるとか。。。宝くじ買うのに1時間待ちですよ!!そんなにここで買ったらそりゃ当たるって(´ω`)

途中からはめっちゃめちゃ寒かったぁ。これから行かれる方は真冬並みの防寒着で行かれることをお勧めします。

春は桜がきれいでいいだろうなぁと思います。 1,200円で手軽に東京観光が楽しめるのでよかったら是非行ってみてください。

| | コメント (0)

2006年12月 6日 (水)

青山でセレブランチ

G106500ps1 あの井上シェフの「マノワール・ディノ」でランチしました。

閑静な住宅街の中にある素敵な一軒家のレストランでした。

窓際の素敵な席が用意され、いい感じの木漏れ日の中とっても美味しいお料理を堪能しました。

接客も失礼のない程度のフレンドリーな感じでとてもよかったし、お庭や食器の一つ一つにセンスの良さを感じました。

お料理については、特に前菜のオマール海老が本当に美味しかったです。

ソースとあいまって口に入れた途端にふわっと溶けていき、海老の濃厚な香りが口いっぱいに広がります。

「なにこれ?!すっごい美味しい!!」

と思わず、一緒に行った友人(紀子ちゃん)を見ちゃいました。

それから、お魚、お肉のお料理を堪能し、デザートの時間になりました。

テーブルの傍に10種類の美味しそうなデザートがずらっと並び、

その一つ一つを丁寧に説明してくださいました。

店員さん:お好きなものをおっしゃってください。

薫子:この中から2~3種選べばいいですか?

店員さん:10種以内ならいくらでも。11種からはオプションになります(笑)

えーーー、そうなの?!10種いっちゃっていいってこと??

こんな美味しそうなもの選べない・・・

少し悩んだ末、紀子ちゃんをみると彼女も悩んでるよう。。。

次の瞬間

紀子ちゃん:少しづつ全部ください。

えーーー?!本当にいくのぉ!!

ということで、私も苦手なものの入っている一種を除き、9種すべて頂いちゃいました。

あんな素敵なところでやりすぎた感はかなりありますが。。。

その後オーナー婦人とお話する機会があり、彼女も私たちのお皿を見て「横綱コースですね。」と目を丸くしていらっしゃいました。

そうでしょうとも、あんなケーキバイキングに来たみたいなお皿は誰が見てもびっくりする。

薫子:とても美味しいです。こんなに頂けるなんてテンション上がっちゃいます!

オーナー婦人:テンションも上がるでしょうけど、血糖値も上がりますよ(笑)

薫子:そうですよねぇ。「明日からダイエット」ってやつですね(笑) けど、すごく美味しいです。

オーナー婦人:残すとペナルティーですよぉ。残した分は窓掃除して帰ってもらわなくちゃ(笑)

とても気さくで、話しやすく感じのよい方でした。

本当にイチジクのタルトとマンゴーのアイスクリームは特に美味しかったです。

そんな私たちにも快く接してくださるお店の方々、この場を借りて

ありがとうございました。

それから、もうひとつ美味しくでびっくりしたものが!

パンにつけるバターなのですが、カルピスの特選バターの無塩タイプのやつ。

甘くて本当に美味しかったです。

このお店は本当にお薦めなので、是非皆さんも行ってみてください。

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

CM

Photo_4

Photo_5

最近、ソフトバンクのCMがお気に入りです。

キャメロンディアスのスーツで町を歩くCM超かわいい☆

ブラットピットのバージョンも超かっこいいと思いません?

携帯で話しながら歩くだけで絵になる人って素敵ですよね。

好きなCMと言えば、資生堂のアンジェリーナジョリーの口紅のCM。

女性の私でもドキッとするほどのセクシーさ、美しさ、妖艶さ。

よーし!私も自分を磨くぞ♪

| | コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

師走

12月になりました。

「人は年齢の時速で人生を走る」と上司が言っていました。

私は時速27キロで生きているのでしょう。

この年になると月日のたつのが早く感じるのですが、

いやぁ~、私の27歳の11月はめちゃめちゃ長かったー。

「そうだ、京都 行こう!」とか言って日帰りで紅葉を見に京都へ行ったり、

毎週末誰かと神戸、大阪、鎌倉、長野と旅行に出かけ、

最愛の人とは心も行動も行違い、仕事も忙しく。。。

いつもの1ヶ月の何倍もかかった気がします。

先生も走るほど忙しいという「師走」

私はちょっとスローダウンして落ち着いて時間を過ごしたいです。

が、、、会社、友人、取引先といろんなところで何かと飲み会の多いこの季節。

体の管理だけはしないといけませんね。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »